<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

November 2011

2011年11月の扉です。
その月や季節に合った画像や映像を貼っていきます。
40周年記念と云う事で、アルバムを順番に飾ってきましたが、11月は一休みしてFreddieで始まります。

PARTNERS IN CRIMEはQUEENに限らず、色んな事をゆる~くお喋りできたらいいなぁと思ってます。
初めての方は 「about PARTNERS IN CRIME」 をお読み下さい。




e0148210_20412475.jpg


"These Are The Days Of Our Lives"のPVはモノクロでしたから判りませんでしたが、
こんなにも厚くメーキャップしていたんですね002.gif
とても痛々しいです...
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-30 23:59 | entrance | Comments(12)

「東北復興平泉宣言」

荒木飛呂彦先生が描かれた「東北復興平泉宣言」のイメージイラストォォォォ
ジョジョ立ち(笑)してるのは奥州藤原氏の初代・清衡公。

岩手達増県知事からのメッセージ

「このイラストに込められた、人と自然との共生を願い、あらゆる生命を尊び共に生きるという平泉の理念は、東日本大震災津波からの復興へ向かおうとする私たちの未来につながっています。」


sendai.jpg


このイラストはポスターとなり、東京方面から順次貼り出されるとのこと
ほっ欲しいわっ!
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-25 16:15 | monolouge | Comments(0)

Feature: Freddie Mercury – One Vision

fmv.magazine

With today marking 20 years since the death of the legendary rock icon, Andy Evans shines a light on the Queen frontman’s life, work and legacy – and explains why his influence remains so powerful today.

e0148210_8134261.jpg


Unbelievably, today marks the 20th anniversary of the death of Freddie Mercury. Like most people of my age, I can remember being told the news by Rod McKenzie on the Simon Mayo Breakfast Show on Radio 1. The news was a massive shock – particularly as it had only been a day earlier that Mercury had announced to the world that he indeed had AIDS after several months of speculation (and quite horrendous press intrusion). I was 13 and not yet the Queen fan that I was soon to become, but even then I knew that the world had lost the greatest rock showman of them all. He was only 45 years old.

Twenty years on, Queen’s popularity shows no sign of abating. Their music has become part of the national fabric, and the release of their entire back catalogue earlier this year – remastered to mark the band’s 40th anniversary – was met with widespread critical acclaim; something which Queen never managed to achieve when the albums were first released!

But the loss of Mercury is still keenly felt. For all of their radio success, for all the gate receipts that the musical ‘We Will Rock You’ brings into the coffers, for all the regard that the band is still held in, one just knows that Brian May and Roger Taylor would swap everything in order to get their beloved friend back again.

So, to mark the anniversary of Mercury’s death, here are five reasons as to why Freddie still remains the champion of the world.



Showmanship

Freddie Mercury is widely regarded as the greatest stage performer in the history of popular music. Although all the members contributed hugely to Queen’s brilliance as a live band, it was Mercury who was the obvious focal point. Mercury once said, ‘I have to win people over, otherwise it’s not a successful gig. It’s my job to make sure people have a good time. That’s part of my duty.’ Therefore, every Queen performance was a unique experience, with Mercury involving the crowd in the show from the very beginning – inviting them to join him in performing Queen songs, conducting them in ‘EH-OH!’ sing-alongs and running from one end of the stage to another in an attempt to include those sat in the ‘cheap seats’ (at the edges of the arena or stadium). As Brian May put it recently, ‘Freddie made the last person at the back of the furthest stand in a stadium feel that he was connected’.
e0148210_8154043.jpg



The performance that proves this point above all others is undoubtedly Queen’s performance at Live Aid. Devoid of the usual array of lighting and pyrotechnics common in a Queen show, some felt that the band would be out of their depth. They couldn’t have been more wrong. In just 17 minutes, Queen stole the show – and Mercury was a revelation, holding the 72,000 crowd in the palm of his hand. It would prove to be their – and Mercury’s – finest moment.



Songwriting

‘My songs are like BIC razors – for fun, for modern consumption. You listen to it, like it, discard it, then on to the next. Disposable pop.’ Well, Mercury might have felt that his songs were throwaway, but the word that many people would use is ‘epic’. From ‘Somebody To Love’ to ‘Barcelona’, from ‘It’s A Hard Life’ to ‘Innuendo’, Freddie Mercury’s songs were always an emotional experience for the listener. His interests in opera and the theatre found its way into his songs – meaning that his material was always rich and full of diverse textures and unexpected changes. Never was this truer than with Mercury’s most famous composition, ‘Bohemian Rhapsody’. This song is so famous now that any astonishment at its creation seems impossible, but the sheer grandiosity of this song should not underestimated – and no other writer could have conceived it.


Flamboyance

Underpinning Mercury’s stage presence and songwriting was his flamboyance. Whether his adult persona was an attempt to escape his colonial boarding school past or not, no-one really knows, but Mercury had a unique perspective on rock and roll. From the very beginning, he made his position clear: ‘The concept of Queen is to be regal and majestic. Glamour is a part of us, and we want to be dandy.’ Therefore, while other 70s bands would walk on stage in denims, Queen performed in Zandra Rhodes costumes – and when the punks started making songs with only three chords in 1976, Queen were spending months in the studio overdubbing and harmonising for their latest release, A Day At The Races. (In fact, Queen and The Sex Pistols met up the following year, when Freddie referred to Sid Vicious as ‘Mr Ferocious’.)

This flamboyance was born of an attention to detail, though. Mercury would never settle for second best. This approach therefore carried over to the studio, the stage and beyond. Queen famously threw the most outrageous parties in rock, featuring naked female mud wrestlers, dwarfs covered in meat and substances of all shapes and sizes! But this was the norm for a band like Queen. As Mercury would tell his bandmates, ‘If something is worth doing, it’s worth overdoing!’
e0148210_820536.jpg



‘That’ voice

Mercury had one of the most astonishing vocal ranges in popular music. It extended from a bass low F (F2) to a soprano (F6) – despite having had no formal vocal training. As Montserrat Caballé once stated, ‘His technique was astonishing. No problem of tempo, he sung with an incisive sense of rhythm, his vocal placement was very good and he was able to glide effortlessly from one register to another.’ The greatest evidence of this is surely on Innuendo – the final Queen album to be released in Mercury’s lifetime. At the time of recording in 1990, Mercury was stricken with AIDS and could barely stand up to record his lines, yet the vocals on the album are extraordinary – with Mercury hitting notes that he really should not have been able to make. ‘The Show Must Go On’, in particular, is a notable example. The song was a combined effort between May and Mercury, but the guitarist was worried that Mercury would not be able to deliver the challenging vocal line. However, Mercury downed a couple of vodkas, said ‘I’ll ****** do it darling!’ and proceeded to record one of the most famous vocals of his career – in just one take.



Legacy

And so we come full circle to the 20th anniversary of Freddie’s death. In 2011, never has the music of Queen been more popular. Only last week, two of BBC1’s biggest shows, Children In Need and Strictly Come Dancing, featured Queen medleys – while many of the 21st century’s biggest stars cite Freddie Mercury as a massive influence. From Lady Gaga (where do you think she got the name from?) to Keane, from Katy Perry to the Foo Fighters, they have openly expressed their love for the music of Mercury and his bandmates. With a forthcoming Queen album of lost demos to be released in 2012 and a Mercury biopic also due to begin filming next year – starring Sacha Baron Cohen in the lead role – it would appear that Mercury’s star will only continue to rise. The recent words of Brian May sum things up perfectly: ‘Even though physically Freddie is not here, his presence seems more potent than ever … He lived life to the full. He devoured life. He celebrated every minute. And, like a great comet, he left a luminous trail which will sparkle for many a generation to come.’
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-25 08:22 | QUEEN | Comments(2)

By Robin Millard

Queen still reigns 20 Years on From Mercury's Death

頑張って読みましょうね024.gif


ちなみに、エキサイト翻訳するとこうなります。

ロンドン - フレディー・マーキュリーは20年前に木曜日に死にました。しかし、彼の星は、単にクイーン、および相変わらず人気のあるそれらの並外れた表看板と、それ以来20年間でより明るく焼きました。
今年それらの40周年記念を迎える英国のロッカーは常に世界の大きな売る芸術家の一人です -- マーキュリーが死んだので、20年で起こるほとんどのそれらの販売で。
ギタリスト、ブライアン5月(女王)およびドラマー、ロジャー・テーラーはこれまでより忙しい、そしてマーキュリーの「ボヘミアのRhapsody」のような歌、そして、「今私を止めないでください」まだ古典として持続します。
インディペンデント・オン・サンデー新聞は、歌手の死が「彼の経歴中の単なるしゃっくりに見えた」と言いました。
その後その数年で、マーキュリーの株は、それらの影響中のクイーンを引用する芸術家の新しい世代で、上昇しました、レディを含んでいること、もうろくした、ロビー・ウィリアムズ(Foo戦士およびミューズ)。
水星(45)は1991年11月24日にロンドン・ホームで死にました。
彼は分析されたHIVでした、陽性、数年前に、またAIDSによってもたらされて、気管支肺炎で死にました。
女王のリード・シンガーは、彼が生演奏を魅惑し、音声を魅了し、含んでいる打撃を持続させることによって記憶されます「私たちはチャンピオンである」、「殺人者女王。」「愛という名の欲望。」
音楽のジュークボックス、2002年に始められて、「私たちはあなたを振動させるだろう」、まだロンドンのパックされた家へ演奏し、オーストラリアから南アフリカ、日本、ヨーロッパおよびラスベガスへ世界中で行なわれた。
興味がまだ高かったまま、Borat創造者サッシャ男爵コーエンが主演するマーキュリーに関するフィルムは、1985年にライブエイド・コンサートでクイーンの星のパフォーマンスにつながる年に注目する準備中です。
「たとえ物理的に、彼がここにいなくても、彼の存在はこれまでより有力に見えます」と5月が9月にブログ印マーキュリーの65才の誕生日に書きました。
「彼は常に完全な表看板の典型でしょう -- バンドと聴衆の間の完全無欠な通信チャンネル。
「彼は生命を滅ぼしました。
彼は毎分祝いました。
また、大きな彗星のように、彼は、多くの生成が来るために輝く輝く道を去りました。」
1991年11月23日のステートメントで、マーキュリーは、AIDSにかかっていることを臨終から確認しました。
24時間以内に、彼は昏睡状態に陥っており、私的に彼の病気を扱って、他界し、彼の苦痛を訴えませんでした。
AIDSの中で最も注目の犠牲者のうちの1人として、彼の死は、ウィルスのより大きな意識をもたらし、今アフリカ南部を破壊する疾病から汚名を取り除くのを支援しました。
1987年のインタビューでは、マーキュリーは、孤独で裕福な70歳になる恐れを持っていないとジャーナリスト、デービッドWiggに伝えました。
「私は十分な生活を送りました。また、明日死んでいれば、私は気にしません。
「私は実際にそれをすべてしました」と彼が言いました。
東アフリカの香辛料島(ザンジバル)の上に住んでおり、インドの英語のスタイルの寄宿学校で教養のあるパールシーのインドのファミリーへの1946年9月5日のボルン・ファロックBulsara、彼のファミリーが1964年のザンジバル革命を避けた時、内気なティーンエイジャーはロンドンに着きました。
マーキュリーの古典的イメージは口髭のあって、彼の1986年の周遊の服装の中に彼です、そして空(ジュネーブ湖のスイスの土地上のモントルーで彼の彫像の中で捕らえられた姿勢)へ上げられた1つの拳で。
彼らが有能に感じた時、彼が強さを集合させることができた時、彼の3 bandmatesは、貴重な時間で、病気のマーキュリーが1991年にそこに記録した音声の切れ端から丹念に十分なトラックを生みました。
一旦彼がもはや記録することができなかったならば、マーキュリーは彼の薬物治療から離れることを決定しました。
後のアルバム、「天の中で作られた。」1995年にリリースされた、クイーンのベスト・セラーのうちの1つです。
マーキュリーのない生命の直視は頑丈でした。
だろう、重いうつ病へ突っ込まれた、さらに彼の父親と彼の結婚を失った、また熟考された自殺。
5月のように、テーラーは1990年代に2つのソロ・アルバムを生産しました。しかし、クイーンから移動し続ける努力にもかかわらず、それらは、遺産を包含することを学びました。
5月とテーラーは続行するために彼の祝福を持ちますが、ベース奏者ジョン執事は1997年に辞任し、公衆の目から消えました。
ロックを劇場に始めること、2002年に「私たちはあなたを振動させるだろう」成果をあげた冒険だった、ファンが演奏された打撃をおさめることを可能にすることによるクイーンの音楽の中への呼吸新しい生活、生きています。
1300万人以上がロンドンの主権劇場で550万を含めて、それを世界的に見ました。
続編は、オリジナルのものは劇場を満員にし続けますが、既存のミュージカルの中で歌を使用せずに計画されます。
それらが元暇な歌手ポール・ロジャーズと協力した時、女王は2005年に道路を再び破りました。
ロジャーズが彼の単独の経歴に戻る前に、それらの共同作業は、スタジオ・アルバム「コスモス・ロック」(2008)と巨大なアリーナ・ツアーを大量に産みました。
Kharkiv(ウクライナのクイーンの1番目)の中のアウトドアの1つのショーはバンドの持続する支援を強調して、350,000人まで演奏しました。
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-24 16:09 | QUEEN | Comments(2)

And The Band Played On



邦題『そしてエイズは蔓延した』のエンディングロールです

有名
無名
富者
貧者
女性
男性
大人
子供


AIDSと戦い
偏見と戦い
苦しみながら
悩みながら

残された生を全うしました

この映画を見れば
何故AIDSが蔓延したのか
何故『gay cancer』と呼ばれ
偏見が生まれたのか

理解出来ます
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-24 16:07 | movie | Comments(0)

Let's 記念写真!

Yokoさんに教えていただきました。

クイーン結成40年、ゆかりの品展示

初日の23日には、4人が初来日した75年4月20日に写真を撮った、東京タワーを望む東京プリンスホテルの日本庭園(現・サンフラワーガーデンチャペル)が午前と午後の2回開放される。展覧会のチケットの半券で入場し、記念撮影することができるんですってよ!
これは行かねば016.gif
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-18 20:17 | QUEEN | Comments(10)

また何か出る!

『40 YEARS OF QUEEN』が日本語解説書付で販売決定!

■豪華装丁本
e0148210_21274028.jpg

■1977年全員インタビューCD
e0148210_21283121.jpg

■30種類のメモラビリア(記念の品々)
e0148210_21294792.jpg

■日本語解説
e0148210_212905.jpg

※クイーン40周年記念本は輸入商品です。本の本文は英語のままです。ご了承の上、お買い求めください。


だそうで。
4,200円なら手が届くが...


以前に紹介したこれと
e0148210_21362996.jpg

これも
e0148210_21373284.jpg

QUEEN FOREVER展にて販売するそうで。

どうしよう。
現物を見ると欲しくなってしまうかもしれない024.gif
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-15 21:39 | QUEEN | Comments(13)

Roger Taylor and Jeff Beck - Say It's Not True (Live)

何も言いますまい。
じっくりとお楽しみ下さい。


Roger Taylor and Jeff Beck playing 'Say It's Not True' live at Wintershall Estate -
"A Picnic Concert by the Chapel on the Lake" (June 2011).





...しかしBeckはいつまでも若々しいなぁ...


埋め込み出来ないけど、このPVも大好きです。
Say It's Not True
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-11 09:55 | QUEEN | Comments(2)

SAS Band Christmas Show 3rd December 2011

あ~。
Rogerってばいい声016.gif
地元の人は直ぐに行けていいわねぇ...

Promo for the upcoming Xmas shows with the SAS Band.
Featuring: Chris Thompson Madeline Bell Patti Russo
and Special Guest Star Roger Taylor Tickets available now...


[PR]
by bijou3369 | 2011-11-11 09:52 | QUEEN | Comments(9)

Queen and Adam Lambert - 6 November 2011

BrianもRogerも何でそんなにAdamの事を褒めるんだろうね?
私なんかには判らないようなミュージシャン同士のフィーリング?




しかし...
Rogerってば益々猫背になっちゃって、おじいさんっぽいぞ002.gif
[PR]
by bijou3369 | 2011-11-09 21:30 | QUEEN | Comments(2)


鄙の繰り言


by bijou3369

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

全員ゲットおめでとうござ..
by ヨナ at 15:57
いや~ 確かに体脂肪率..
by bijou3369 at 19:43
40kgの内臓脂肪指数 ..
by ヨナ at 14:15
40Kgも内臓脂肪があっ..
by bijou3369 at 16:12
暑くてHOT SPACE..
by ヨナ at 14:47
お目出度うございまーす!..
by bijou3369 at 21:26
こんにちは、昨日の結果 ..
by ヨナ at 15:36
7/1ですかー。 暫く..
by bijou3369 at 19:55
あまりにも、チケット落選..
by ヨナ at 16:36
あやまー。 ヨナさんも..
by bijou3369 at 15:08
今日、結果を見たら、あら..
by ヨナ at 19:18
>老眼プレース 巧..
by bijou3369 at 16:57
こんにちは、あら、老眼プ..
by ヨナ at 16:00
目は... 老..
by bijou3369 at 20:08
お久しぶりです。前のHN..
by ヨナ at 16:31
うふふ♡ 無償の愛よね..
by bijou3369 at 18:52
>QUEENとの付き合い..
by かごめ at 21:18
>引退して普通の人になっ..
by bijou3369 at 16:33
引退して普通の人になった..
by かごめ at 21:22
あら、かごめさん。 こ..
by bijou3369 at 19:44

カテゴリ

entrance
QUEEN
PARTNERS IN CRIME 21
rock
PIC
monolouge
movie
comic
novel
November 2012
art
September 2012
Glenn Carter

タグ

(160)
(36)
(24)
(24)
(11)
(10)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)

画像一覧

ライフログ








フォロー中のブログ

★Jesus Chris...

ファン

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月

ブログジャンル

音楽

ブログパーツ